闇金融以外から即日お金を借りる方法【ブラック多重債務お金借りたい!必見情報】

闇金以外で早くお金が借りられる所ってキャッシングの絶対条件だと思います。特にお金が借りにくい立場の人でしたら最悪の状態の人でも対応してくれるキャッシングを選びたいと思うものですよね。金融事故などでブラックになってしまっていると大手に対してもそれだけ申し込みにくいというものです。

お金借りやすい所

2018年02月08日 18時09分

お金借りやすい所の関連記事
  1. やっぱり大手消費者金融か銀行カードローンでしょう
  2. 審査落ちはどうして起こる?
  3. 中小消費者金融はお金を借りやすい所なのか
  4. 大手消費者金融は銀行カードローンより借りやすいのは本当
  5. 銀行カードローンのマル秘情報

やっぱり大手消費者金融か銀行カードローンでしょう

キャッシングしやすいと言えば、大手消費者金融でしょう。
同様に銀行カードローンもインターネット申し込みができ、大手消費者金融と同じくらいの利便性はあります。
特にネット銀行のジャパンネット銀行、楽天銀行カードローンなどは、すでに口座があれば、そのまま申し込みができ、振込などもすぐに対応してくれるものです。
メガバンクのみずほ銀行カードローン等もバナーを見かけますが、大手消費者金融は間違いなく店舗も全国展開で、キャッシングは楽です。

決め手はインターネット申込

これだけネット社会の日本では、インターネットで何かができるというのが便利ということです。
カードローン各社は、WEB完結ということで言えば、大手消費者金融がベストなキャッシングになります。
信用も厚いですし、セブン銀行ATMが使うことができるので、店舗のない地域も対応OKです。

問題は審査?

そうです。
キャッシングは、必ず審査がありますから、借りやすいでは大手消費者金融や銀行カードローンですが、審査通過率で言うと、ここは厳しいのが現実です。
他社ローンがあれば、保証会社の保証がもらえないことで融資ができないです。
金融機関では、実際は保証会社がその可否を決めることになります。
審査で言うと、利用者は原則的に初めてのキャッシングならはないのですが、多重債務者であったりした場合は、審査が不安です。

審査基準の違い

銀行カードローンは大手消費者金融では真似できない低金利が人気ですが、審査基準は厳しいです。
大手消費者金融のカードローン審査は、それぞれ明記はあるものの、だいたい同一であり、多重債務者でも2社程度、総量規制範囲内、債務整理者はしばらくの間は審査落ちです。

自身の状況を踏まえて

大手消費者金融と銀行カードローンが借りやすいところと紹介をしました。
しかし、個人信用情報機関で金融事故がないことが必要な状況であり、もし現在金融事故があるけれど借り入れたい方は、審査落ちの心配も大きいです。
ちなみに大手消費者金融の審査通過率は50%程度ということです。
ですから、審査落ちに危機感を持つのではなく、案外と借りられない方もいるんだと思って下さい。
再び、この大手消費者金融を利用したい場合は、まずは返済をして完済してからの申し込みがオススメです。
いやいや、今すぐ欲しい方は、ローンカードではなく、中小消費者金融の甘い審査のところの申し込みを検討すると良いでしょう。
こちらの審査通過率は70%で、金融事故がある方も利用者となっています。
 
▲メニューに戻る
 

審査落ちはどうして起こる?

大手消費者金融のCMではすぐに借りられる表現をしています。
WEBで簡単ということですが、借り入れできない方もいます。

どうして借り入れができない?

それは審査があるからです。
どんなローンでも審査がありますが、不動産を借りる時にも審査は存在していますが、お金が関係する取引きでは、貸す方は客を選択するのです。
大手消費者金融ではその審査が早いことを強調しているだけで、誰でもどうぞということではないのです。
大手消費者金融のカードローン審査は約1時間で済みます。
肝心の借りられない理由ですが、審査内容の公表はしていないです。
予想をするのは、各情報サイト、審査に付いて詳しい記事が参考になります。

1つではない審査落ちの理由

とにかく大手消費者金融の審査基準は一言では表現できないです。
申込対象では、20歳以上で収入がある方です。
それ以上の詳細なことはないのですが、その後当社の審査に通る方とあります。
その審査ですが、申込情報と信用情報の確認があります。
申込情報では、特に収入の有無と金額、他社ローンの内容が問題になります。
そして、信用情報ではこれまでの借金の状況を確認します。
総合的に貸せる申込者なのかを1時間で判断するのです。

もっと掘り下げると

審査基準としては、大手消費者金融では金融ブラックできないことが大切です。
信用情報で返済トラブルがないとか、延滞していない、多額の借り入れがないなどです。
どれか一つでもあれば借りることができないです。
消費者金融では総量規制と言って年収3分の一しか借り入れができないです。
ここもチェック要因であり、たまたま審査落ちではなく、何かしらの原因があるのです。
1時間の審査ですから、あっと言う間にキャッシングの有無が判明します。

大手消費者金融がダメなら銀行カードローン?

これは逆なのです。
審査基準から行くと、銀行カードローンの方が厳しいとされているのですが、口コミでは銀行カードローンでも借りれたとの情報もあります。
こちらの審査も簡単ですから、一応試してみるのもありですが、一番的には低金利の銀行カードローンが先で、その後の大手消費者金融の審査を受ける方が多いです。
ネット銀行でのカードローンがオススメで、全国対応のみずほ銀行カードローン、ジャパンネット銀行カードローンなどローンカードの種類は多いです。
口座があれば、なお借りやすい所でしょう。

銀行カードローンも大手消費者金融も借りられない方

もし多重債務者であれば債務整理もありですが、総量規制範囲内であれば中小消費者金融の審査をオススメです。
聞きなれない中小消費者金融ですが、インターネット検索で全国対応の金融業者を見つけることは簡単です。
大手消費者金融同様にインターネットで申込ができますが、WEB完結ではない場合が多く、提出書類も存在します。
また、カードローンではなく振込キャッシングになっていて、希望額の借り入れしかできないことも多いです。
ただし、審査は大手消費者金融よりはるかに甘いです。
 
▲メニューに戻る
 

中小消費者金融はお金を借りやすい所なのか

中小消費者金融とは、審査が甘い金融業者のことを言います。
中には、それほと甘い審査でなく、規模が小さいだけの場合もありますが、多くの金融業者では大手消費者金融の審査に通らない方を対象としている場合が多いです。
大手消費者金融では真似できないブラックでも借りられると言う審査の甘さは定評があります。
ということは、大手消費者金融で借りられないと審査に通らない方でも、利用者が多いということになります。
ブラックリスト御用達の業者です。

何故借りられる?

良く言われるのが、大手消費者金融と中小消費者金融の審査基準が全くみ違うからです。
他社借入が多い、債務整理をした後でも、中小消費者金融では審査に通ることがあります。
決め手としては、総量規制範囲内であることです。
申込をした時に、消費者金融の限度額である総量規制範囲内の希望額であれば、借金ができると判断されます。
それがブラックリストでも良いと言うのが甘い審査であり、多くの中小消費者金融で採用している審査基準なのです。

金利が少し高い

中小消費者金融のホームページで、スペックを確認すると、大手消費者金融より多少金利が高いです。
これが甘い審査の違いかと思うところですが、最高は20%です。
この20%と言うのは、消費者金融の法律の貸金業法で定められた最高利率です。
中小消費者金融も多くが、10万円以下のキャッシングでは20%の提示担っています。
大手消費者金融では、どこも20%ではないのですが、甘い審査だけど、金利は高いよというのが中小消費者金融のスタンスです。
大手消費者金融の審査基準の満たない、甘い審査でブラックでも借りられるのだから多少の金利上昇は仕方のないことです。
高い金利だから借りたくない、案外とそのように考えている方もいますが、ブラックでも借りられるのだよ、高い金利はきついけれど、借りたい方も多いことでしょう。
利用者の多くはブラックだと言います。

借りやすい所とは?

ブラックでも借りられる中小消費者金融ですが、大手消費者金融のようにインターネットですべてが終わるのではないです。
収入証明書や住民票、契約書などの郵送などがありますし、ローンカードがないことも。
返済は振込になり、手数料分は負担しなければならないです。
面倒な手続きと返済はあるのですが、会社のシステムのためですし、仕方のないことでしょう。
それよりもブラック対応ということで言えば、他社ローンが多く審査落ちだけど、ここでやっと借りられたという喜んでいる方の方が多いのは言うまでもないです。
 
▲メニューに戻る

大手消費者金融は銀行カードローンより借りやすいのは本当

銀行カードローンの場合、保証会社が審査をします。
みずほ銀行カードローンの保証会社はカードローンのオリコです。
その他メガバンクの保証会社は、大手消費者金融の場合が多いです。
大手消費者金融の保証会社は自社で行います。

銀行カードローンと大手消費者金融の違い

借り方については、インターネット申込で審査です。
内容が違うとされているのですが、具体的なものとしては、ブラックは借りられない点です。
それぞれ管轄する法律が違いますが、大手消費者金融の方がお金は借りやすい所です。
金利では銀行カードローンの方が少し低いです。
大手消費者金融は、以前はサラ金でした。
審査基準が厳しくなっていますが、一応キャッシングは消費者金融の方が簡単だと言われています。

審査が厳しい

総量規制ができてからは、消費者金融は年収3分の一しか借入ができないです。
申告する年収から限度額が必然的に決まります。
銀行カードローンは、総量規制対象外であり、総量規制以上の限度額の設定になります。
最近は低くなっていますが、総量規制以上ということは、審査は厳しいですが大手消費者金融より多く借入ができることになります。
その点が審査の厳しさに関係してきます。
大手消費者金融では、審査通過率が50%程度だと言われています。
借りやすいけれど、その借りやすさで、多重債務などになったり、借り過ぎで債務整理をする場合、簡単にキャッシングができなくなってしまうのです。

本当は

厳しいのではなく、サラ金時代のように借りすぎができないということです。
現在大手消費者金融では3社程度の多重債務でも審査に通らないとされています。
サラ金時代は専業主婦でもたくさん借入ができましたが、現在は収入がない方は審査落ちです。
そうした審査の厳しさが指摘されるのですが、借り過ぎないような国の方針です。
そのおかげで、大手消費者金融の債務整理者はとても少なくなっているといいます。
厳しい話ですが、簡単にたくさんのお金を借りるのではなく、キャッシングも返済ができる程度に抑えるべきです。

しかし…

大手消費者金融で審査に落ちたのなら、中小消費者金融があります。
同じ消費者金融ですが、審査が甘い所ですが、聞きなれない会社です。
それは宣伝をしていないからですが、インターネットではホームページもあり、簡単に申込ができます。
大手消費者金融審査落ちでも対応していますから、どうしてもキャッシングが必要な方にオススメです。
 
▲メニューに戻る
 

銀行カードローンのマル秘情報

バンクイックカードは、三菱東京UFJ銀行のカードローンです。
みずほ銀行カードローン、ジャパンネット銀行カードローンのように銀行名がないカードローンですが、実は審査が甘いとの評判があります。

保証会社はアコム

メガバンクの銀行カードローンの保証会社が大手消費者金融であることは珍しいことではないです。
アコムが保証会社のバンクイックカードの審査は、他社銀行カードローンとあまり変わりはないのですが、何故か審査通過率は高いです。
住信SBIネット銀行などは、ネット銀行ですが審査は厳しい方などといろいろ口コミがありますが、バンクイックカードは、アコム以外の大手消費者金融審査落ちの方の次の銀行カードローンとしてはオススメできます。
案外と審査に通ってしまうという噂は自身で確認して下さい。
もし借りられたとしたらラッキーな話です。

銀行カードローンは案外と穴場?

銀行カードローンの場合、消費者金融との違いが口座利用です。
給与の振替、各種引き落としで利用をしている、口座を作って長いなど、その銀行との付き合いがあると、カードローンの申込もしやすいのです。
カードローン審査としては、銀行カードローンでは、この部分の加味が大きいです。
ネット銀行などは、ある程度信用ができると、キャッシング範囲が多くなったりすることがあります。
カードローンではなく、キャッシングサービスを受けられるなどの対応があるのです。
ローンカードではなく、銀行口座でのキャッシングができるのなら、銀行としても上客扱いです。

銀行カードローンと消費者金融の信用情報は違う?

国内の個人信用情報機関は3つありますが、銀行は独自の1つを重視します。
総量規制が関係している消費者金融とは違う信用情報の場合は、銀行カードローンが作りやすいというメリットがあります。
多重債務者は難しい話ですが、一応大手消費者金融審査落ち後の銀行カードローンの利用も検討してみてはいかがでしょうか?
審査通過の保証はないのですが、穴場的な存在としてオススメです。

確認したいこと

一定の収入があり、金融事故を起こしていないことが条件です。
延滞はしていない、総量規制以上の借入をしていないことが必要です。
ブラックリストになってしまって、現在中小消費者金融の借入があるという方は、銀行カードローンの審査は落ちてしまいます。
収入が高いほど、銀行カードローン審査は通りやすいですので、是非考えてみて下さい。
 
▲メニューに戻る